落ち葉の栞ワークショップ開催

2017年5月5日

学部内での初の出張Fabワークショップとして,図書館とのコラボで開催。図書館二階の協働学習スペースを使って行いました。
小型レーザーカッターのSmart Laserを持ち込んで,落ち葉にレーザーでイラストやメッセージを刻印。ラミネートして栞にするという流れでした。

161124WS1

銀杏はじめ良さそうな落ち葉を集めてきました。表面や内部の水分が加工に影響を与えるため(水分が多いと,ラミネート時に水蒸気となり膨らんでしまう),事前に新聞に挟み,辞典等で押さえていく押し花処理をしました。これにより落ち葉のでこぼこも押さえられます。ただし,乾燥しすぎると逆にカサカサになり,色が失われることから,1日程度の乾燥が良さそうです。

161124WS2

まず,イラストデータや文字データを画像フィルを準備いただきました。
次に名刺用紙を台紙にして,落ち葉を貼り付け,位置決めをします。SmartLaserのソフト側でも,SVG形式で名刺枠を最初に取り,台にした板に刻印し,位置決めをしました。
刻印された名刺サイズの枠に,名刺用紙に貼り付けた落ち葉を置きます。後はセット。安全に為に保護メガネも
161124WS3161124WS4

161124WS6 161124WS7

できあがり例。図書館のキャラクター「信大ナナちゃん」が綺麗にできあがりました。銀杏はコントラストが綺麗です。
クマさんもいい感じに仕上がり。葉脈の残り具合が絶妙?です。
赤系の葉っぱでも色合いを選べばそれなりになります。こんなマークだけでもいい感じに

161124WS9161124WS14

161124WS10161124WS12

次にラミネートで保護。できあがったら,葉っぱ状に切り取って穴を開け,毛糸などで紐付けのアクセントをしました。
国語の皆さんが俳句を入れた栞を作成。本に入れてみるとお洒落です.

161124WS13161124WS17

161124WS15

本日の作品例です。皆さんそれぞれの落ち葉栞が完成しました。オリジナルの栞で,読書の秋を楽しみましょう(もう雪が降りましたけど)
161124WS16

 

 

 

 

 

 

 

Print Friendly, PDF & Email