木工CNCの使い方

ELE1212(BLUE ELEPHANT)の使い方について

 大型のCNC(コンピュータ数値制御)マシンは,設計データに基づいて,X・Y・Z3軸のモータを動かし,二次元または三次元で削り出す切削加工ができます。看板や家具等を製作可能です。


安全な作業のために
・安全な服装(巻き込まれないように。袖はまくる),靴(かかとがあり,滑らない),髪(帽子,髪留め)で。
・保護メガネ着用。埃舞う場合は保護マスク,音が大きい場合は防音保護具を付けてください(木材加工室にあります)。
・高速にかつ強力に動くので,危険性が高い機械です。異常を感じたら,緊急停止ボタンをすぐ押してください。また,加工中は機械から目を離さないでください。
・作業中外れないように,材料や工具の固定を確実に。
・加工中は緊急停止ボタン以外,レール等含め,機械に触れないでださい。


加工可能な材料
・最大で1200mm×1200mmまでのサイズの加工が可能です。
・合板,MDFは問題なく加工可能です。
・堅い木材や節のある木材は設定を調整する必要があります。

加工の説明資料 


加工の流れ
①作品データ作成
・標準「Cut2d」を使用 ※illustrator等のデータも読み込み可能です
・Fusion360で3Dの加工データも作成可能
②加工データ(Gコード)作成
・工具(エンドミル)による加工法を選択し,CNCを制御する加工データを作成します。
③CNCに材料を固定
・CNCを動かし,原点調整などの事前準備をします。
・加工する板をCNCのテーブル上の捨て板にビスで固定します。
④CNCを制御して加工
・CNCを制御するソフト(Mach3)に上で作成した加工データを読み込みます。原点合わせ等確認してスタートします。
加工手順の説明動画
 

 


参考資料 
自作野郎ぜ!趣味のCAM 基本的な使い方
 https://jisakuyaro.com/Metalwork/category48/
blog.いまかみどっとねっと:Fusion360のCAMで2D加工してみる
 http://blog.imakami.net/2015/09/06/2dmilling-fusion360/
abaのブロマガ:Fusion360でmach3用のGコードを作成する
 http://ch.nicovideo.jp/aba/blomaga/ar872055
Makke!のblog:Fusion360のCAM機能を使ってみた 
 http://makke.blog.jp/
旋盤市場:MACH3説明
 www.senban.jp/target/cnc/mach_setsumei.html
3Dモデリングによる3Dデータの活用法とデジタル・ファブリケーションの実践!
 https://blog.goo.ne.jp/t2com1230/e/961590bb3230e7babb6ee6b8c6bf7c2b

Print Friendly, PDF & Email

Posted by Mura-lab