12/22 坂城町立南条小学校出前授業開催

 坂城町と坂城町経営革新塾とはこれまでもオシボリソンを実施してきましたが,その発展で,学生スタッフの松下君が設計・製作した「光るねずこんキーホルダー」を使って町内の南条小学校で出前授業を実施しました。FabLab長野も学生スタッフ4名が参加しました。
 南条小学校は大変綺麗な校舎でした。玄関にはねずこんがプリントされていました。
171222fab11171222fab9

教材の「光るねずこんキーホルダー」は。写真のようにねずこん形のプリント基板に3色のLEDにチルトスイッチも付加し,傾けたり,基板を「フリフリ」すると点灯するようにしています。クリスマス仕様のデザインです。

171222fab3 171222fab16

当日は,経営革新塾と坂城町産業振興課の皆様にFabLab長野スタッフで10名以上の充実したスタッフ。事前に部品を分けたり,試作にも取り組みました。5年生2クラスで実施です

171222fab12 171222fab13

 経営革新塾からの挨拶の後,松下&松山ペアにより組み立て説明がなされました。チルトスイッチの仕組みを模した自作の大型模型がわかりやすかったです。子どもがちが見つめる中,少々緊張気味でハンダ付けも実演され,いよいよグループ毎に製作開始です。
 ハンダ付け初体験の子ども達がほとんどでしたが,各グループに付いたスタッフによりスムーズに作業が進みました。

171222fab5171222fab4171222fab2

171222fab14171222fab10 171222fab1171222fab15

 ハンダ付け初体験の子ども達がほとんどでしたが,各グループに付いたスタッフによりスムーズに作業が進みました。部品のハンダ付けが完了し,電池を入れてLEDが点灯した瞬間の子ども達の笑顔が印象的でした。
 皆で,完成した「光るねずこんキーホルダー」をフリフリしながらLEDの点灯を楽しみました。
 2時間目には,山村町長にも参観いただくと共に,早速にブログに紹介いただきました。最後は町長を囲んで一同で”フリフリ”。

 とても元気で意欲的な子ども達の姿に学生スタッフも心洗われたようでした。
 当日の様子は,坂城町のホームページにも掲載されています。
 

 

Print Friendly, PDF & Email